バンコクで子育て右往左往

バンコクで出産&子育て中。あまりの忙しさに日々のことをわすれないように。

バンコクに新しい公園,伊勢丹となりのPathumwan Park

伊勢丹とプラチナムの間に新しい公園をつくっているようです。

高いビルに囲まれた公園。

アクセスがいいのが嬉しい。

f:id:REIR:20180515121515j:image

 BTSチットロムからスカイウォークを歩いて5分。

 

 

子連れでチェンマイ②レストラン

チェンマイのレストラン。

ただの丸椅子のみの場合もあるので、注意が必要です。

① Kao Soi Niman

ニマンヘミンにあるカオソイのお店。

ホテルのお姉さんにすすめられて行きました。

f:id:REIR:20180513025540j:image

店内と外の席があります。

中の席は背もたれ付き。外は丸椅子。

f:id:REIR:20180513025230j:image

f:id:REIR:20180513025517j:image

営業時間:11:00-20:00

場所:Nimmana Haeminda Rd Lane 7, Tambon Su Thep, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50200

 

② Tong Ten Toh

ニマンヘミンにあるお店。

ニマンヘミンを探索していた時に、タイ人のお客さんが多かったので目をつけていました。

北タイ料理が食べれます。

席は外のみ。

ベビーチェアあり。

Northern Thai style〜というセットがあります。

・ケープムー(ブタ皮の唐揚げ)

・サイウア(チェンマイソーセージ)

・発酵させた豚と卵のバナナづつみ

・ナムプリックオーン(トマト唐辛子ペースト)

・ナムプリックヌム(青唐辛子ペースト)

 などが入っています。

f:id:REIR:20180513025605j:image

メニュー。とりあえず一番はじめのセットを頼めば間違いない?

f:id:REIR:20180513025624j:image

f:id:REIR:20180513025639j:image

タイ人がみんな頼んでいたので、同じものを食べたいと店員にリクエスト。

ナムプリックヌムを別に頼んでしまうという大失敗。

f:id:REIR:20180513025658j:image

営業時間:7:00-21:00

場所:11 ถนน นิมมานเหมินทร์ 13 ตำบล สุเทพ อำเภอ เมืองเชียงใหม่ Chang Wat Chiang Mai 50200

電話番号:053-894-701

 

③SPチキン

前回も行けず。今回も一度めは時間外だったお店。

ワットムーングンゴーンの近くにあります。

ここのガイヤーンは絶品!

営業時間:10:00-17:00

場所:

電話番号:080-500-5035

 

④Huen Phen

ホテルのお姉さんオススメのお店。

北タイ料理が食べられます。

昼はお母さんがやっている食堂、

夜は息子さんのちょいステキなインテリアのレストランです。

ここもカントークセット(北タイ料理のセット)があります。

ゲーンハンレーが有名とのことで注文しました。

私はここのサイウア(チェンマイソーセージ)がお気に入りです。

インテリアも素敵なので一見の価値ありです!

f:id:REIR:20180513025824j:image

f:id:REIR:20180513025908j:image

こんなかわいい席も!

f:id:REIR:20180513025932j:image

ゲーンハンレーの美味しさにびっくり!

f:id:REIR:20180513030001j:image

営業時間:17:00-21:00

場所:

電話:

 

⑤ Ristr8to

ニマンヘミンにあるコーヒーショップ。

バリスタの賞をとっている店だとか。

f:id:REIR:20180513030308j:image

タイはこういうお店が多いけど、ミーハーなのでとりあえず行ってみる。

メニューは絵がついているのでわかりやすい。

カウンターの上にはチャート表があって、Yes/Noで何をオーダーするか決められます。

f:id:REIR:20180513030425j:image

f:id:REIR:20180513030511j:image

営業時間:7:00-18:00

場所:

電話番号:053-215-278

 

前回はカオソーイ一択。みたいな旅だったけど、今回はゆっくり北タイ料理を満喫できました。

 

子連れでチェンマイ①乗り物編、チェンマイはGrabカーが便利

子供が生まれる前にチェンマイに行った時は、2月で涼しかったし、大人だけだったので自転車でまわったり結構な距離を歩いたりしました。

今回は子連れ。

大変かと思っていたけど、意外と満喫できました。

ただ、暑かった〜!!!

空港ー市内

前回は空港のタクシーにのりました。

空港には定額とメーターのタクシーがあるけど、だいたいの料金は同じ150バーツくらい。

Grabカーを利用すると、空港ー市内で60バーツでした。

市内の移動

トゥクトゥク

トゥクトゥクは1度のればいいかな。

チェンマイ門市場近くからニマイヘミンまで200バーツでした。

高い気はしたけど、炎天下を子連れで歩くよりは・・・と乗車。

運転手には市内の相場といわれました。

しかも、店の近くでトゥクトゥクを探しているカップルがいて、

目的地に到着する前にさっさと降ろされてしまいました。

 ソンテオ

ソンテオは、前回より親切なことが多かった。

地図をだしてくれたので、指差しでだいたいの場所を伝えられました。

どこへ行っても近場なら、ひとり30バーツ。

でも、ソンテオは大まかなとこしか行ってくれない。

 Grabカー

活躍したのが、やっぱりGrabカー。

www.grab.com

よぶとだいたい5分くらいできてくれます。

しかも、城壁周りであればだいたい50バーツほど(配車料含む)。

タイ語がうまくない私たちとしては、地図で場所を選べば連れて行ってもらえるというのも嬉しい。

トゥクトゥクのように、ぼったくられるカモ!という心配もなし。

大通りまで出て乗り物を探す必要もないので、

子連れには非常に助かります!

 

トゥクトゥクもソンテオも一回乗れば満足。

あとはGrabカーを利用した方が速いし、ストレスフリーな気がします。

アユタヤにきたらエビセンター

アユタヤへ観光に行った時に、いつもは町の中心でなんとなくお店に入っています.

今回は、時間もあったので何かないかと探したところ,エビセンターが検索ででてきたのでランチに行ってきました。

場所

アユタヤ市内に入るのでなく、さらにまっすぐ進みます。

バンコクから車で行くとエビセンターは反対車線側にあるので、

行き過ぎてUターンしてもどってくることになります。

Google mapにカタカナでエビセンターといれて検索できるので便利!

エビやさん

たくさんのレストランが並んでいました。

どこに入っても同じそうだったので、駐車場から1番近いとこに入りました。

どのレストランも価格はあまりかわらないようです。

f:id:REIR:20180512180703j:image

外ではえびや魚を焼いていました。

f:id:REIR:20180512180815j:image

大きな伊勢エビのようなエビを頼んでいる人も!

f:id:REIR:20180512180835j:image

店内はこんな感じ。

タイ人ばっかり。

11時過ぎに行ったのですが、あっという間に満席になりました。

駐車場もあまり広くないので,車の場合ははやめに行った方がいいかも。

あと、早めにいくと店員さんがやさしく対応してくれます。

f:id:REIR:20180512180914j:image

メニュー。

f:id:REIR:20180512181029j:image

英語もあるのかな?

だいたいは絵で判断。

オススメのトムヤムクンとクンパオ(焼きエビ)を注文。

f:id:REIR:20180512181147j:image

エビは1キロ500バーツくらいでした。

大きさにより価格が違うよう。

焼いただけなのに甘みがあって、身が大きくて美味しい!

エビをお腹いっぱいに食べれるなんて、ここは天国か。

f:id:REIR:20180512181212j:image

他にも貝などいろいろな海鮮があったので、

次回はここから頼みたい!!!

毎回のことながら、カブトエビもきになる。

f:id:REIR:20180512181356j:image

感想

以前紹介したクンオッププーカオファイは味付きのエビ。

このエビセンターは本当に焼いただけのエビ。

それぞれ美味しいけど、クンオッププーカオファイのほうが好みかな。

まぁ、値段も違うし。

ただ、同じ1㎏でもクンオッププーカオファイのほうが多かった気がします。

計り方が違うのではないかと勝手に推測。(やく前と焼いた後のえびのように)

mivida.hatenablog.com

詳細

 エビセンター

場所:

営業時間:6:00-21:00

 

クンオッププーカオファイ(กุ้งอบภูเขาไฟ,Kung Ob Phu Khao Fai)で激うまなエビの蒸し焼きを食べる

前回,レッドロータスフローティングマーケットを紹介しました。

mivida.hatenablog.com

ここから30-40分のところに美味しいエビ料理が食べれる店があります。

f:id:REIR:20180503020759j:image

お店に到着したのが11:30ごろ。

すでにタイ人でにぎわっていました。

エアコンのきいた屋内(ひとり10バーツのエアコン代が必要)と屋外の席があります。

エアコンなしの席はこんな感じ。

f:id:REIR:20180503020815j:image

オススメだというトムヤムクンとエビの蒸し焼きをたのみました。

f:id:REIR:20180503020834j:image

エビの蒸し焼きは,火山の蓋をかぶせてもってきて,酒?油?を注いで着火。

テンションがあがります!

f:id:REIR:20180503020853j:image

f:id:REIR:20180503020909j:image

ここのエビは味付けが最高!

1キロを3人でぺろりと食べてしまいました。

(ここの1キロは他のお店より多い感じが。気のせい?)

詳細

クンオッププーカオファイ(กุ้งอบภูเขาไฟ)

住所:885, Petchkasem Road, Tambon Sanam Chan, Amphoe Mueang Nakhon Pathom, Nakhon Pathom, 73000

営業時間:10:00-22:00

電話:034 241 109

エビの蒸し焼き,大850バーツ,780バーツ,小550バーツ

 

 

Red Lotus Floating Market(レッドロータスフローティングマーケット)で蓮の花とフォトジェニック写真を撮る

2016年?2017年?にナコンパトム県にできた蓮の花が見れるマーケットに行ってきました.

行き方

レンタカーで1時間30弱、高速道路がなかったのでひたすら下道.

こんなところにマーケットがあるの!?とドキドキしたけど、

何度か看板を目にして安心.

いざ,マーケットへ!

蓮の花と言えば早朝!と思いこみ、

マーケットがオープンする8時に着くようにバンコクを出発。

早朝だったのもあり、1時間くらいで到着しました。

f:id:REIR:20180501032043j:image

睡蓮の湖は舟でまわることができます。

1隻200バーツ.

タイ人価格は100バーツとのこと。

ドローンで写真を撮るから、あとでチェックして購入するかきめるようにいわれます。

写真は1枚40バーツ、全部購入すると300バーツ。安い!

f:id:REIR:20180501032108j:image

写真撮影用の小物の帽子や傘があり借りることができます。

もっていると写真映えしそう!!

私たちは、この時点で写真を購入する気ゼロだったので借りず。

こんな感じで舟で繰り出して行きます。

f:id:REIR:20180501032351j:image

この日は朝の天気がよくなかったからか、まだつぼみでひらきそうな花が多く・・・

f:id:REIR:20180501032157j:image

湖には3,4種類の蓮が植えられているようでした。

たぶん花が咲く時期がすこしずつ違うので、花が咲いているところで写真撮影するのかと。

いつでも楽しめるといっているけど、やっぱり季節は12月ー3月かも。

 

待っているとドローンがとんできて写真をとってくれます。

船頭さんがポーズの指示をしてくれます。

あとで写真をみると、みんなで同じポーズをとっているほうがかわいい!

写真好きなタイ人たちは、上手にポーズをとっていました。

下手な私たちでもこんなフォトジェニックな写真が!!!!

f:id:REIR:20180501210916j:image

かなりの枚数撮ってくれるので、300バーツはお得。

写真はラインで転送してくれます。

 

ちなみに8時すぎに舟に乗った時は、前に1組いただけ。

それが9時過ぎになると駐車場にはたくさんの車、舟はお客さんで大賑わいの状態に。

天気が悪くて花が開くのが遅かったのもあるかもしれないけど、

花は9時過ぎの方がよく咲いていました。

 

湖のわまりはタイフードのお店がずらり。

どこもローカル価格。

f:id:REIR:20180501032825j:image

f:id:REIR:20180501032526j:image

入口にカフェもありました.

ここから湖が一望できます.

ここもメニューはローカル価格。

カフェの展望台からみるとわかるように、手前側の蓮は花が終わっています。

今は、奥のほうが咲いています。

f:id:REIR:20180501032447j:image

あとで知ったけど、カフェはこれ推しらしい。

f:id:REIR:20180501212206j:plain

(BKK KIDSより)

湖のまわりはいろいろと写真をとると素敵なスポットがありました。

f:id:REIR:20180501032720j:image

感想

ドローンでの写真が思いのほかよく、びっくり!

もう一回、ちゃんととりたいくらい。

ちょっと遠いのですが、結構楽しめるスポットでした。

詳細

ตลาดน้ำทุ่งบัวแดง ณ บางเลน(Red lotus floating Market)

住所:Bang Len, Bang Len District, ナコーンパトム 73130

営業時間:8:00-18:00

 

 

BHG発行のバンコクハウジングガイド

紀伊国屋に行ったら,バンコクハウジングガイドなるものがおいてありました.

f:id:REIR:20180414014039j:image

家の事だけでなく,日経幼稚園やインターの紹介や病院紹介もあって

バンコクに来たばかりの人に便利そうだなーと思いました.

地図つきだったので幼稚園さがしてる私にも便利だったー.

f:id:REIR:20180414014054j:image